スポンサーサイト

--.--.-- --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習日:5,6,7,8番目

2005.03.01 12:51
太極拳
いつものように簡単な準備運動の後、気功をやった。少し腰を落として立つんだけど、股関節をもっと奥に入れるように言われた。言われた時は出来るんだけど、時間が経つとだんだん違ってきちゃうみたい。自分ではずっと姿勢を保ってるつもりなんだけどねぇ。腰が前に出ないように気をつけなくちゃ。体重はカカトの方に多くかかって、つま先では親指で踏ん張るようにするらしい。上体が前のめりになってもいけないし、後ろに傾いてもいけないし。程よい感じを保てるようになるには、やっぱ体に覚えこませるしかないのかもね。

毎回、気功の時間も大好き。体がポカポカあったかくなる。気功の前に練功18法をやってるんだけど、これも好き。体の隅々まで伸ばせて気持ちいい♪最初は先生や周りの人を見ながらだったけど、今では順番も覚えたし動きに専念できるようになった。そうすると、ほんと体を伸ばしてる感じが分かってくる。家でもPCやピアノで疲れた時なんかに、練功から1、2個動きを拾ってその場でやってみたりするんだ。スーッとする(^^)

今日の全体練習も、足の動かし方をやった。
ダオジェンゴンで後ろ移動する時、足を引いた時はまだ腰を回さない。足を着地させてから腰を回すこと。
前移動(弓歩)の練習もやった。足を前に出す時は、腰はまだ斜め前方を向いてる状態。足を着地してから腰を回し始めること。上体は腰と同じ方向を向いていること。上体と腰がバラバラにならないように気をつける。自分がコマになった気分で、体の真ん中に軸が通ってるのを意識すること。

グループ練習では、今日の初心者グループは3人でした。本当は4人なんだけど、もう一人の人は3回連続でお休みしてるなぁ。どうしたんだろ、風邪なのかなぁ?

「5.ショウホイピーパー」
これ、名前の響きが好き。なんか、「ピーパー」って響きがカワイイ(笑)
って、そんな事はどうでもいいか(^^;
腰を右に回す時、両腕を開き過ぎないようにする。

「6.ズォヨゥダオジェンゴン」
後ろに下がる脚の動きに気を付けて。後ろに広げる手の動きにも注意。両腕を開きすぎてはいけない。

「7.ズォランチュエウェイ」
「8.ヨォランチュエウェイ」
最初の動きがイエマーフェンゾンみたい。イエマーフェンゾンはボールを作った後に分ける仕草をするけど、ランチュエウェイの場合は攻撃を防ぐ動きだから、分けずに胸の前で止めるのね。

その後、両腕を前に伸ばすんだけど、これは相手の腕を取る動きなんだって。腕を取ったらそのまま引き込んで、腰を右に回しながら丹田の前に持ってくる。更に腰を右に回しながら、左手は右肩の付け根辺りで止め、右手は肩の高さまで伸ばす。

左手そのまま、右手首を左手首に重ねてから腰を左に回し、手を前に押し出す。両手を開いて下ろして押し出す。
・・・こんな感じかな。文章で書くのってほんと難しいや(^^;
で、ヨォの方は、転身してズォの逆の動きをすればOK。

はぁ~、今日はすごい頑張ったぞぉ~っ!先生が、今月はランチュエウェイを重点的にやるって言ってたなぁ。来月はいよいよダンビェン。ダンビェンって好きだなぁ、なんだか拳法っぽいポーズで(笑)

24式の順番は全部覚えた(^^)
練功18法→気功→24式通し→全体練習→グループ練習
っていう流れで、毎回先輩達と一緒に24式を通してやっているから。殆どの人が何年もやってるので、前後左右どこ見てもお手本が♪とは言え、やっぱ見よう見マネなので、この先グループ練習で指摘される部分は山程あるんだろうなぁ~
頑張ろっ♪
スポンサーサイト

comment

  雅 #- URL

野馬分ソウと攬雀尾の違いってわかりにくいですよ
ね。特に二十四式だと同じに見えるし。
攬雀尾は太極拳の重要な技術であるポン、リー、
ジー、アンを組み合わせた型です。伝統楊式だと攬雀
尾は最初の野馬分ソウに似たポンの動きだけとなり、
ポンリージーアンが別に分かれてたりします。最初戸
惑いました(^^;)

  雪 #- URL

ですよね~
似てる似てるっ
例の弱気になってたおじいちゃん、両方の動きがどっちがどっちか分からなくなってしまい、混乱してました(^^;

ポン、リー、・・・
なんか麻雀みたいですね~(笑)
えっと・・・、手の動きでしたっけ?
どれがどんな動きなのかサッパリ・・・(^^;
あぁ、ダメねぇ、勉強不足だわぁ~っ

ふむふむ、重要な動きで出来上がってるのですね!

  雅 #- URL

単純化して書くと、野馬分ソウは肩で、攬雀尾のポン勢は腕で当たる技です。攬雀尾で腕を張り出すのがポン(手篇に朋)、その後斜め後方に引き崩すのがリー(手篇に履)、手を返して前腕で押すのがジー(擠)、両掌で下から前に押し出すのがアン(按)です。これらの動きを組み合わせ、相手の攻撃を受け流したりする感覚を養う推手という対人練習をしたりします。自分はまだやったことないですが。
読み方が麻雀みたいなのは、まあ中国語ですから(^^;) ちなみにカン・ドラ・ツモ・ロンという技術も…ないです(笑) ほんとは採・(手篇に)列・肘・靠です。

お爺さん、起勢から一式一式ゆっくり覚えていった方がいいと思います。上手な人と同じ方向を向きながら。自分も最初は家でビデオをスローにして、出演者と同じ方向を向いて(だから起勢はテレビを振り返って見るようにします)覚えましたもの。

  ペコリ #- URL

こんにちはー。お邪魔します。
初めて間もない様子ですのに、どうして言葉でこんなに説明できるんですかー?
「こんなかんじ~」なんて覚えるやり方より素晴らしいです。是非真似しなきゃ。!(^^)!

ビデオは私も見たことがあります。自分の方向に置き換えて真似するのはむずかしかったです。BSのエアロビサイズでやってたと思いますが、どっちかの足にテープか何かの印がついていると太極拳もわかりやすいのに、と思います。本に出てくるそれぞれのポーズには全て右足に赤でチェックしています。初めてその本を見たとき、さっぱり読めなかったので。今は非常にわかりやすくなりました。

最近、親指と小指の付け根、かかとの中心の3点を意識して立つと不思議とユラユラしないのに気づきました。

  雪 #- URL

>雅さん
お返事遅くなってごめんなさいっ。
詳しい説明、ありがとうございます。大変分かりやすく参考になりました!
雅さんのコメントを読んだ後、ネットでも検索してみたら、対人練習の事も出てきました。いいなぁ、あたしもやってみたいなぁ~

>ペコリさん
こんにちわ~(^o^)
太極拳の動きを言葉で説明するのって難しいですね。いろんな部分がいろんな動きするから、どの部分からどう書けばいいのか・・・(^^;
けどこうやって文章化すると、記憶の助けになってる気がします。自分がどうやって動いてるか再確認できて♪

親指、結構重要ですよね~
小指の付け根を意識したことはなかったです。おぉっ、早速後でやってみよう!(>▽<)
秘密にする

trackback

http://snowvoice.blog6.fc2.com/tb.php/82-df04eff8
TOP
 カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 最新の記事 
 最近のコメント 
 リンク集 
 ブロとも申請フォーム 
 プロフィール 

雪/B型/動植物好き/妊婦/

Author:雪/B型/動植物好き/妊婦/
●2004年以前の日記

 カテゴリー 
 過去ログ 
 ブログ内検索 

 最近のトラックバック 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。