スポンサーサイト

--.--.-- --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングダムオブヘブン【注意!ネタバレ有り】

2005.05.28 12:04
妊娠前の日常
映画の帰りにモスバーガーに寄った。ものすごく久しぶりのモス、美味しい~♪

キングダムオブヘブン、観て来ました。ごめんなさい、ネタバレたくさんあります。観てない人は読まないでね~っ!
オーランドブルーム、初主演です。指輪物語で、美しいエルフの青年レゴラスを演じてました。素敵・・・(*ノ▽ノ)

トロイではヘナチョコ男(笑)の役でガッカリだったけど、今度の映画ではすごくかっこ良かった。無精髭生えて汗まみれ泥まみれで、レゴラスとは正反対でした。なんかすごいマッチョになってたし、ほんとかっこ良かったぁ~♪

あたし、この映画をファンタジーと思っててね、そのつもりで見に行ったから焦りました。だって十字軍のお話なんだもの(^^;;
遠い昔、学校の歴史の授業で習った記憶を手繰り寄せながら見ました。映画中での説明がないので予備知識がないと辛いかも。
登場人物同士の絡みや心理描写も殆どなく、ほんとにもぉドンドン話が進む(^^;;
家に帰ってから、映画の内容を覚えてるうちに十字軍について検索してみた。年表見たらちゃんと載ってたよ、ボードワン4世とサラディン。

映画は第三回十字軍の直前、ボードワン4世(エルサレム/キリスト教)とサラディン(サラハン/イスラム教)の時代が舞台。エルサレムを占領していたのはキリスト教だったんだけど、イスラム教の人もお祈りさせてもらってた。この王様達がなかなか素敵でね、主役のバリアン(オーランドブルーム)より二人の賢王の方が印象に残った。ティベリアスも良かった。バリアンは台詞が殆どないから影が薄くなっちゃうのかなぁ。。。かっこ良かったけど(*ノ▽ノ)
あ、でも、表情だけの演技、上手いと思った。かっこ良いし(またそれかw)

映画の中で誰かが「異教徒を殺すのは罪じゃない、天国への道だ」みたいな事を叫んでたけど、宗教ってほんと怖いよな。未だに宗教絡みの争いがあるんだもんね、終わらなさそうね(^^;;
「ひるまず戦え。神は勇気と正義を愛される。死に至るとしても最後まで真実を語れ」・・・だっけな?ウロ覚えですが、バリアンの父ちゃんがそんな事言ってたっけ。お互いに正義の為に戦ってるんだもんね、どっちが正しいかなんて分からないよねぇ~
サラディンが最後に「エルサレムに価値は無い」って言ってたなぁ。でも「すべて」なんだって。うーん、難しいね(^^;

そうそう、映画中でみんなが「サラハディン」って言ってるのに、字幕では「サラディン」だったの。誰かが「サラハディン」って言う度に気になって気になって仕方なかった。途中から頭の中はサラハディンだらけだった~(笑)

何の信仰心もないあたしが言うのもなんですが、宗教を争いに利用するのは良くないね~。魂は自分のもの、っていうような感じの台詞がよく出てきたのが印象的だった。
スポンサーサイト
TOP
 カレンダー 

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 最新の記事 
 最近のコメント 
 リンク集 
 ブロとも申請フォーム 
 プロフィール 

雪/B型/動植物好き/妊婦/

Author:雪/B型/動植物好き/妊婦/
●2004年以前の日記

 カテゴリー 
 過去ログ 
 ブログ内検索 

 最近のトラックバック 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。